離婚をするか、それとも別居をするか

離婚相談の窓口で度々相談のある内容に、別居をするべきか?といったものです。
または、別居をしたことで離婚にどんな影響があるのか?といった質問もよくあります。
別居をするということは、夫婦間に何かしらの問題があり、一時の休憩を挟む期間だと考える人が多いと思います。
確かに相談窓口でも、勢いで離婚をするのではなくまずは別居を考えてみては?と離婚をすることについて悩む人には進めるケースがあります。
何故なら、離婚をすること事態を悩んでいる人の場合、離婚をしたくないけど離婚をしたほうがいいのかもしれないと復縁を望んでいるケースがあるからです。
そんな状態で離婚の手続きを進めた場合、後々で後悔してしまう人も多く、離婚後の生活に苦しむ人も居ます。
そこで、離婚すること事態に抵抗がある人は、可能ならばまず別居からはじめてはどうですか?とアドバイスすることが多くなります。
別居は今まで夫婦で過ごしてきたのに、一人になったときの生活リズムなどを体験するいい機会だと思います。もしも、相手側に非があった場合には、別居をすることで相手の存在が大切なものだったと気が付き復縁を望むといった話も聞きます。
いきなり離婚をすると考えるのではなく、別居という手段もあることをまずは知っておくと気持ちも楽になると思います。